アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ダーリンは外人さん
ブログ紹介
私、カナダにお嫁に来ました。
ダーリンと知り合ってはや7年。 そのうちのほとんどが遠い遠い遠距離恋愛でした。
これまでの”山あり谷あり”人生、そしてこれからもジェットコースターのような何が起こるかわからない人生。 
小さい頃から夢見ていた海外生活。 ひょんなことから実現してしまいましたが、故郷から遠く離れたこのバンクーバーでちゃんとやっていけるかなあ・・・。
zoom RSS

ノースショアへ向けて(第6日目)

2011/01/06 09:32
久しぶりのブログ更新となってしまいました。
書きたいことはたくさんあるものの、PCの前に座ってじっくりという時間が取れなかったここ半年。
まずは、書きかけになっていたハワイレポートから・・・。



さて、ハワイ滞在も6日目。
この日は、ダーリンと2人レンタカーにてノースショアーへ出発です。
一度はノースショアーも行ったことはあるものの、見過ごしているものはまだたくさんありますから。

この日は朝から飛び切りの上天気。
画像

予定は立てていたものの、またしてもレンタカーの予定までは詰めておらず、この日もホテルのコンシェルジェにお願いしてレンタカーの予約を入れてもらいました。
どんなに込んでいる週末と入っても見つかるものですね。 一安心。

今回はアラ・ワイ運河のあたりにあるホテルの下のレンタカー屋さんです。
上の写真もその運河に向かってカメラを向けたもの。
ほら、よくテレビドラマに出てきそうでしょ? ここをジョギングしている風景とか・・・。


そして、あいもかわらず私の運転で出発です。


さて、まず目指すは”モアナルア・ガーデンズ”

ここ、何で有名かわかります??

前回ホノルル滞在の時にも、行ってみたくて仕方なかったんですがいけなかった場所です。


そう、この写真でわかりますか?
画像


そうです、あの”日立”のコマーシャルで有名な、"この木何の木”です。
面白いことに、日本人ばかりでしたね(笑)。
レンタカーで来ている人やら、観光バスで乗り付けてくる人やら。

ダーリンにしてみたら、これが何なの?って思っていたのかもしれません。
写真だけとって出発です。


そして、次に到着したのが”ワイケレ・プレミアム・アウトレット”です。
画像


アウトレットとしてはかなり閑散としていましたね。
前回ここにもこれなかったのですが、友達の話では”たいしたことのない”アウトレットとのことでした。

感想は・・・・そうですね、たいしたことないと言ってしまえばそれまで。
ただ、キャサリンはMax&Coのサンダル、定価$278のものを$100ほどで購入。 そして同じベルトも安かったんですよ。 この夏中、このサンダルで過ごせたほど快適なウェッジソールのカジュアルサンダルでした。
これは、掘り出し物でした。
ダーリンもスニーカーやらジーンズを安く買っていました。

まあ、アメリカのアウトレットですからこんなものでは??


さて、次へ進みます。
画像

入り口の看板が小さくてわからないでしょうかね。
そうです、ここも初めてやってきた”ドール・プランテーション”です。

いろんな人の話を聞いていると、ここにきたらやはりパイナップルソフトクリームを食べるべきだとか。
しかしですよ、すごい行列。
この建物の中でおみやげ物やら何やら購入したり、パイナップルカットの実演をみたり、庭園では実際にパイナップルが生っているの見たり。 そして時間がある人には小さな列車に乗って農園を回ってみて回ったり。
そして、ソフトクリームを食べるための大行列。
20分くらい待ったでしょうかね。
ダーリン、本当に食べないといけないのか最後まであきれていましたけど・・・。

その甲斐あって、これがそのパイナップルソフトクリーム。
画像

ワッフルコーンの器の中には完熟のパイナップルがたくさん隠れています。
これをダーリンと2人でシェアしたのですが、正解。
こんな量、どんなにおなかが空いてたって食べられませんから・・・。
しかし、パイナップルが生でここまで甘いとは。 本当に食べる価値のあるソフトクリームです。
カナダでもこんなに甘いパイナップル食べたいな・・・。



そうして、ようやくノースショアに到着。
前回はワイキキからまっすぐハイウェイ99をまっすぐにノースショアまでドライブし、右に曲がってビーチを散策したのですが、今回は左側のビーチを散策です。
小さな町モクレイアのあたりから西のあたり。

なんでかというと、観光客が少ないのでのんびりできるということ。
そして、なんとこのあたりがあの”LOST”の撮影現場だということだから!!
ダーリンとキャサリンはLOSTの大ファンです。
なので、少しでもその"現場”と呼ばれる場所を見てみたかったのです。
(まあ、実際はどこがどうだったか詳しくはわからなかったんですけどね。)

画像


このどこかで撮影があったんだと思います。
本当にローカルの人たちがバーベキューしているくらいで、静かでいい場所です。

いくつか美しい自然の写真をどうぞ。
画像


画像


画像


画像


どうですか。 東側のノースショアーではこんなに人のあまりいないビーチなんで見当たりませんから。
今度はちゃんと食べ物もたくさんもって、1日ここでのんびりできる状態で来たいものです。


さて、海辺でのんびり日光浴し、小腹が空いてきました。
残念ながらこのあたりのビーチ沿いには、食べ物を置いているようなお店はどこにもありません。
なのでしばしドライブでルートを戻ります。


さて、ノースショアといえば、食べなければならないマストアイテムがたくさん。
その中でも、私たちが選んだものはこちら。

画像

有名な、”ジョバンニ”のバンで売られているカフクえびの”ガーリックシュリンプ”。

画像


そうです、3年前私たちは自分たちの挙式の前の日にもこのえびをたらふく食べました。
たくさんのガーリックがたまりません。
そして新鮮なぷりぷりのえび。
ご飯も進みます。
手をギトギトにしながら、えびにかぶりつきました。

そして次に訪れたのがこちら。
画像

バーガー屋さんですが、ただのバーガー屋ではありません。
ノースショアの”クアアイナ”です。

何が有名かというと・・・。
画像

こちら、アボガドバーガーです。
ジューシーなお肉の上には、新鮮な野菜。 そしてその上にアボカドが半分たっぷりと入っているのです。
ハンバーガーとアボカドってかなりのマッチングです。
家でも、今後まねてみたいですね。
新鮮なハンバーガーもたまにはいいかも(って、アメリカでの旅行だとこればっかりになりがちですが・・・)。



さて、お腹も満たされ車に戻る途中目撃。
画像

ちょっと雨が降ったかなと思えば、すぐに大きな虹が現れます。
たまたまこんな広い場所にいたので、虹も半円の大きなものに見えます。
ラッキーですね。
これがあるからハワイは"虹の町”とか呼ばれていませんでしたっけ? 車のナンバープレートにも虹がありますよね?


さて、このあたりから夕暮れ時に差し掛かり、先を急ぎます。

ノースショアのあたりでは、海亀が見れるスポットがあるとのこと。
そして、ハワイでの海亀ですが、触ってはいけないことにもなっています。
実際にノースショアのどのあたりが海がめの見られるラニアケアビーチなのか、サインがあるわけではないので難しいのですが、今回は夕暮れ時に何てことないビーチに人が集まっていたので見つけることができました。

画像

大きな大きな海亀です。
泳いだり、岩の上で一生懸命海草を食べていました。
画像

このときにいたのは2匹です。
残念ながらビーチの上にまではあがってきていませんでしたが、見れたことに感謝。
本当に大きな亀ですよ。


そうして、本日のラストビーチです。
ノースショアの東のほうにサンセット・ビーチがあります。
ここからの夕日はとても美しいとか。

何とか夕日が沈む前に、目的のビーチに到着。
画像

でしたが、どうやらこの日は雲のかかっている夕暮れ。
どうしても、夕暮れ時には雲がかかりやすいのですよね。
それでも、目の前に広がるのは海の地平線。
そこに夕日の光と雲だけというのもいいものです。
はるか彼方まで来たもんだと・・・思わされます。

画像


画像


画像


これがこの日の最後の日の光でした。
かなりたくさんのことを1日に詰め込み、大急ぎではありましたが、ノースショア・ドライブ終了です。

まだまだノースショアでも見てみたいところ、行ってみたいところはあるのですが、次回の楽しみのために取って置くことということで・・・・。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


7月4日(独立記念日) (第5日目)

2010/08/11 12:51
アメリカでの一大記念日であるインディペンデンス・デー。

この日はワイキキでのんびりすることにしました。
ということで、朝からビーチ!!

画像

と、うれしげにビーチに出てみたら、なんだかすごい人だかり。
どうやら今日はこのボートをこぐレースが行われている模様。
びっくりすることに、たくさんのチームが入れ替わり立ち代り沖へ出てはUターンして戻ってくるんです。
そして、砂浜で別のメンバーと交代してまた沖へ出て行きます。
これが、朝から夕方まで行われていました。

そのため、ビーチ沿いにはチームメンバーやらその家族やら観戦者やらでごった返していました。



キャサリン夫婦はこのあたりから少し遠いところで、日光浴です。


昨日とは打って変わっての晴天に恵まれました。
右を見ても・・・
画像


左を見ても・・・
画像


いい天気。
そして今日のワイキキビーチは美しい。



画像

どこまでも水が透けて見えます。
毎日水の色が違って見え、時間によっても日の照り具合によっても変わってくるんです。
横になって目をつぶったかと思えば、次にはカメラを片手に海の写真ばかり取ってみたり。
大忙しです。


そうそう、ここワイキキビーチですが、数日前には亀をみましたよ。

というのも、砂浜に寝そべっていたんですよ。
私の横には私たち夫婦の浮き袋が2つ。
そこに、小さな女の子がやってきて、”この浮き輪貸してくれない?”というんです。
何でかきいてみたら、"海に亀がいるから、それを追いかけたいの。”と。
で、”じゃあ、私も一緒に行くから連れて行って。”
ってことで、7歳くらいの女の子に連れられ亀を探しに行きました。
小さな子供たちがこぞって亀を追いかけている様子。
とは言っても、直接亀には触りません(見つかったら罰金ですから)。
子供たちの話によると、前日にも親子連れの亀が出たらしい。
ちょうどモアナ・サーフ・ライダーの前のビーチだからびっくりでしょ?こんなところで亀を発見するなんて。
子供に混じってちょっと感動でした。



一日ビーチでのんびりできるなんて、これ以上の贅沢はありませんね。
おなかが空いたら、ホットドックやフレンチポテト、カップラーメン食べたりかき氷買いに行ったり。
散々黒くなりました。
ダーリンは白人なので、真っ赤になり早速皮が剥け始めていました。




そして、夕方からはインディペンデンス・デーのために花火が上がるということで、アラモアナショッピングセンターにかけ散じます。
まずは腹ごしらえをして、それから目の前のマジックアイランドへ。

画像

こちらの人たちは、すごいですよ。
ちょうど連休にあたる日曜日なのでのんびりバーベキューです。
どうやら朝からここで、バーベキューしたり海で泳いだり楽しんでいる様子。
いろんなところからいいにおいが漂ってきます。


キャサリン夫婦も場所を確保し、草むらにゴロンと横になって待ちます。
気持ちいいですね。
人が集まってはきますが、バンクーバーの花火大会のように身動きが取れないということはありません。

そして、あたりが暗くなって花火が始まりました。

画像


画像


画像


訳30分は続いた花火です。
夏はやっぱり花火でしょう。
残念ながら三脚を持ってきてなくて、ぶれた写真ばかり。
今年の夏、花火のいい写真が取れるよう研究せねばなりません・・・。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


オアフ島半周(第4日目)

2010/08/11 04:12
ハワイ滞在も4日目。

本日はキャサリン夫婦と妹夫婦でレンタカーを借りて島を半周しました。
もちろん、運転手はキャサリン。
バンクーバーで車を運転しているわけでもないのに、カナダの免許証を持っているということと、ダーリンよりはまだ運転がましというだけの理由です。


朝からトラブル発生です。
ホテルの近くのレンタカー屋さんに行けば、すぐに車が借りられると信じていました。
ところが、このアメリカの連休が続く週末のため、どこも次の週の半ばまで車がないとのこと・・・。
ホテルに戻り、コンシエルジェにお願いしてほかの小さなレンタカー屋さんを探してもらいようやく車発見。
どうなること
かと思いましたが、無事解決。



さて、ワイキキエリアからまずはダイヤモンドヘッドの方向に向けて出発です。

画像

これは、ダイヤモンドヘッドに向けて上り坂の途中、見晴らしのいい場所がありました。
朝日を受けた海もきれいですね。
このあたりにはたくさん車がとまっていたので、朝からサーファーの人たちが泳いでいるようです。




まず最初の目的地、KCCマーケット
ここはダイヤモンドヘッドのふもとのカレッジのキャンパス内で土曜日の朝だけ開いているマーケットです。
地元で取れたフルーツや野菜、花、それからたくさんの食べ物屋さんがでています。
画像

こんな朝早くからなのに、すごい人です。
観光客風の人も多いですが、なんといってもすごい数の日本人。
昨夜会ったAちゃんもここの学生で、お店を出していました。


朝食抜きでおなかの減っている私たちも、早速食べることに。
画像

目の前でBBQしているホットドック、においがたまりません。
そして見たとおりジューシーで、あっという間に完食。

画像

昔映画にもありましたよね、フライド・グリーン・トマト。
グリーントマトの果肉が固めで、周りの衣が熱々のカリカリでたまりません。
これは、家でも試してみたいかも。


ほかにも、焼きとうもろこしや、サーモン焼き飯、アイスクリームなどなど。
食べるのに夢中で、写真を撮るのも忘れていました。
出店しているのも、日本人が多かったようですね。
あわびのBBQだとか、お弁当屋さんだったり、日本風のものも多かったです。


ほかには・・・。

画像

こんな南国の花を売っているお店や欄を売っているお店も多かったですね。
バナナフラワーやジンジャー、ヘリコニア、アンスリウムなどなど、普通では本当に高い花なんです。
それが、なんと安いことか・・・。
ホテル住まいじゃなければ、たくさん買って帰りたいくらいでした。



さて、KCCマーケットでおなかもいっぱいになった私たちは、目指すビーチへ向けて出発です。




画像

残念ながらこの日、ワイキキを離れていくにつれて天気が崩れてきました。
場所によっては土砂降りの雨。
まあ、車のなかだったからよかったのですが・・・。

ここ、ハロナ潮吹き穴に到着したときも、どんよりした雲です。
写真をとってもとっても、白黒にしか見えません。
でも、妹のだんな様、今回が始めてのハワイだったので一通りは観光しておかなくてはね。



そしてようやくビーチです。
画像

ここのビーチどこだっけ・・・。
マカプウ・ビーチかワイマナロ・ビーチなんですよね。
前回着たときはとにかく天気がよかったのに、今回は寒いくらい。

画像

ワイキキビーチに比べると人も少ないし、美しい砂浜なんです。
しかし、この日のこの波・・・怖いくらいですね。
ここでは、泳ぐのをあきらめ、次のビーチへ・・・。



画像

さて、ようやく目的地のカイルア・ビーチに到着。
到着すぐにスコールのような雨に見舞われましたが、車の中で待機しているうちに雨はやみました。
曇ったり、光が差し込みはじめたりの繰り返しでしたが、それでもビーチに横になったり海で泳いだり。
ここはかつて全米でもNo.1になった海で知られています。
それくらい透明度のある水、砂浜、どこをとってもきれいです。


人があんまりいないのもいいですよね。

画像


ここのビーチはどうやら午前中に訪れるのがベターなようです。
このあたりはレンタカーじゃなくても、ワイキキからバスでも来れるようです。



そして本日最後の到着地。

画像

クアロア牧場

そうです、ジュラシックパークやらLOSTやらたくさんの映画の撮影場所となったところで有名です。
今回、妹のたっての願いで乗馬をしたいということでやってきました。

あいにく、乗馬は定員オーバーで参加できず、私たちはジープツアーに参加することになりました。
画像

このジープに乗って、説明をうけながらこの牧場の中をめぐります。
かつての皇室の人たちがこの牧場を所有していたとか、ここでLOSTの撮影が行われたとか云々。


画像

これはそのジャングルの中にある木ですが、なんと”歩く木”なんですって。
ちょうど真ん中にたてに伸びている2本の幹のようなものわかりますか?
これは、新しい木の根っことのこと。
水を求めて木の上のほうから新しい根が生えてきて、その根が土に到達すると、古い根っこは枯れていくそうです。
もともとは、もっと山の上の方に植えられていたものが、日照りが続き水が不足した年が続き、その間に少しずつ下に下に下りてきたそうです。 だから”歩く木”と名前がつけられたとか。
すごいものですね、生命力というのは。


画像

ほかにも、こういう草も発見。
これ日本にも、時々売られていますよね?
なんだかわかりますか?
そう、”おじき草”です。
指で触ると、その部分の葉が閉じていくんですよ。
ちょうど写真の中で、指が触れたところが閉じようとしているのがわかりますか?
この草、そこいらあたり一面に生えています。


画像

ほかにも、いたるところにフルーツの木がなっています。
この写真の緑の実、これはパッションフルーツですって。
途中、ガイド兼ドライバーさんが下に落ちている熟れたパッションフルーツを拾ってみんなにくれました。
大好きなんですよ、このあまずっぱさとぷちぷちした種の感触。

ほかにもマンゴの木もありましたっけ。


画像

ここから見る海の景色もいいものです。


こうして、本日のキャサリンツアーは終了。
残念ながらレンタカーを夕方までに返さないといけないため、ここからまっすぐにワイキキに戻ることになりました。


しかし、ワイキキにて最後に立ち寄った場所。

画像

そうです、レナーズ・ベーカリー
ここは何が有名かというと、こちら。

画像

マラサダといって、ハワイの揚げドーナツです。
注文すると、すぐに揚げてくれるので熱々が食べられます。
中身なしやら餡入り、カスタード、チョコ、グァバクリームなどなどたくさんあります。
なんか懐かしいドーナツですよね。
家でよく母が作ってくれた揚げドーナツのような・・・。

ダーリンは、前回ハワイ島で食べたマラサダで中がピーナツ&ジャムになっていたものの方がおいしかったといっていましたが・・・。 さすが外国人です。



こうして無事レンタカーも返却し、ホテルに戻りしばしの休憩。




今夜のディナーは・・・。
また妹夫婦と4人でのお食事会となりました。
本日は、お肉が食べたいというリクエストと、一度くらいはちょっとお金を出してもいいからいいところへ・・・ということで”Roy'sへ。
ちょうど、ハレクラニホテルの前にあるレストランで、キャサリン夫婦は前回もここで夕食を食べたことがあります。



画像

妹はディナーコース(前菜3種、メインのお肉、そしてデザート)、残りの3人はこのお肉です。
久しぶりに$40(4千円くらい)のお肉を食べました。
そのおいしかったこと。
残念だったのは、私と妹のだんなさんのお肉、ミディアムレアで頼んだのに焼きすぎで、もう一度お肉を料理しなおしてもらったんですね。
だってさすがに高価なお肉ですから、後悔はしたくない。
でも、お店の人も快く了承してもらい、待っている間にサラダまで出してもらいました。
ハワイに行ったら、必ず一度は行きたいレストランでしょうか・・・。
最後にはジューシーで肉汁がどぼどぼ出てくるようなおいしいお肉をいただきました。


あっという間の1日ですが、さすがにビーチはきれいだったな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


古い友達とも再会(第3日目ーその2)

2010/08/11 02:37
午前中に、スカイダイビングを済ませた日の午後。

もちろん、ワイキキビーチでのんびりしております。



紫外線が恐ろしい気もしますが、ここまで来てビーチに横になり、太陽をさんさんと浴びないわけにはいかないでしょう。

画像

空はどこまでも青く、見上げればこんなすばらしい景色。
青空とやしの木(建物はモアナ・サーフ・ライダーの一部)。
最高のひと時。


画像

しっかしです。
ビーチはどこを見てもすごい人。
なんといっても、ここアメリカでは7月4日の独立記念日の祝日を迎えようとしている週末で、すごい人です。
その上、メキシコ湾ではオイル垂れ流し状態が続いており、通常ならマイアミ方面へ旅行へ行こうとしていた人たちが皆、ハワイへ来ているといううわさ。
そりゃ、アメリカ人でごった返しているんですね。

それはそれでいいでしょう。
キャサリン夫婦はただただ、この日差しの下でビーチでごろごろできるだけで幸せなんです。
バンクーバーに戻ったって、たった2ヶ月の夏、それもこんなに暑くない夏のあとまた長い長い冬が来るんですから・・・。




そして、ビーチでの日焼けを楽しんだ後は夕食です。
今日は、私の古いお友達と会う約束をしていました。


かれこれもう8年もそこらも昔の話。
初めてのハワイ旅行はこの友達、Aちゃんと、もう一人Mくんと3人でした。
それも、ホノルルマラソンを走るという目的のため。
欲張りな私たちは、バンクーバーからまずマウイ島に4日、そこからハワイ島に3日、そしてマウイ島に4日という日程で、最後の最後にホノルルマラソンを完走したわけです。

何度ハワイに来ても、初めてのあの旅が今でも忘れられませんね。
そして、一緒に苦を味わったAちゃんやM君も忘れられない思い出です。
そのAちゃん、今ではハワイ在住3年くらい。
私のハワイ挙式にも出席してくれました。




さてそのAちゃんとは、アラモアナショッピングセンターで待ち合わせ。
今夜のディナーは”ババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニー”。
そうです、あのフォレストガンプの映画のレストランですね。
覚えていますか?
映画の最後、トム・ハンクス演じるフォレスト・ガンプがババとの約束通りえび漁をはじめるんです。
そして、大きな会社になっていったという話。

そこからもじって作られたレストランなんでしょうかね。
映画のとおり、このレストランでは食事の最後になるとウェイターが質問をしに来ます。
それも、映画の内容だったり、その当時の話だったり。

たとえば、
”フォレスト・ガンプが映画の中で得意だったスポーツは?”
”フォレスト・ガンプがバス停の駅で話をしていたときに持っていた、チョコレートの箱の名前は?”
”その当時○○大統領と○○大統領の間に存在した大統領の名前は??”
などなど。

私、Aちゃん、ダーリンの知恵でほとんど答えられたんですよ!!


てなことで、食事はこんな感じ。
画像

手前がガーリックシュリンプ、奥がココナツシュリンプ。
これでもかというくらい、おいしくいただきました。



画像

久しぶりの再会。
今ではすっかり”ロコガール”になっちゃってますね。
Aちゃんがハワイにいる限り、また遊びに戻ってきたくなります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人生で一度はやってみたかったこと(第3日目ーその1)

2010/08/04 16:30
さて、ハワイ滞在3日目。
そして、人生で一度はやってみたかった夢をかなえる日でもありました。


事を起こせば、毎日仕事に行き、家では家事をし・・・と平凡な日々をすごしていた私です。
なんだか、目標というか何かを目指して生きたいという思いが募っていました。


そこで、そういえばこの三十うん年生きてきた中で
昔から一度はやってみたこと、そしてびっくりすることにまだやったことがないことが、この私にもありました。



それは・・・・。






この日、早朝7時にホテルを出発。
ピックアップバンに、10人あまりの人を乗せ目指すはノースショア。


なんだかわかりますか???




これでどうでしょう???


画像


これが本日の目的地。
なんてことのない場所。
ハワイの、オアフ島のノースショアとはいっても海はこの向こう側にあります。


わかりますか??


では、これでは??


画像

キャサリン夫婦の前にもたくさんの先行隊がいました。

どきどき・・・・。




そして、しばらくすると・・・・。

画像

小さくて見えませんか?
先ほどの先行隊が空から戻ってきました!!!



そうです。
人生初の”スカイダイビング”です。

数ヶ月前から、この夏はスカイダイビングをするぞとみんなに言いふらしていました。
本当はバンクーバーで行おうと思っていたのですが、今回ハワイでスカイダイビングの会社を発見。
どうせ飛ぶなら、海と島が見渡せるところがいいでしょうということで、ダーリンには有無を言わさず決行です。




画像

早朝雲が出ていて、晴れ間を待つこと2時間ほど。
何組もキャサリン夫婦の前に出発し、空から戻ってきました。

そして、ようやくわれわれの番。
ギアをつけ、インストラクターから5分ほどのレクチャー・・・。ってそんなもんでいいんかい?
私は、何をどうしろといっているのかよくわかりませんでしたが・・・。
ちなみに、ダーリンは高所恐怖症でもあるんですね。
ただ、ジェットコースターはかなり好きなようで、今回も何とかなるとは思っていましたが、若干顔こわばっていません?

説明を受けているとき、私はついつい聞いてしまいました。
”今までに、恐怖のあまりお漏らしをした人はいなかったんでしょうか??”
(これって私だけの疑問??)


答えは;
”18年もこのビジネスをしていますが、今までにお漏らしをした人は一人だけです。 それも、ジャンプの恐怖ではなく、恐怖から開放され力が抜けたときにもらしたようです。”とのこと。

これで、安心しました。
私はお漏らししないだろう・・・・と。


さて、この小型飛行機に乗り込んで出発です。
メンバーは、ジャンパー一人につき一人のインストラクター。
そして写真もしくはビデオを申し込んだ人には、それぞれのカメラマンがつきます。
もちろん、キャサリン夫婦はそれぞれ写真やビデオを申し込みました。
全部で6組くらいが一緒に出発です。

小さな飛行機はぐんぐんと高度を上げていきます。
途中で私は”そろそろなの?”ときいたら、”まだ半分も来ていないよ。”との答え。


ちょっとびびっていました。


だって、4200メートルの高度からのジャンプです。
小さな飛行機からは、ビーチも何も小さくしか見えなくなりました。
もちろん、雲もあっという間に足元です。

画像



4200メートルの高度に到着。
一人一人ドアに移動してきます。
そして、あっという間に消えていきます。

画像

ダーリンも私の先にジャンプしてしまいました。
開いたドアから下を見るとこんな状態。
先にジャンプした人たちが小さく見えます。




そして、”こわっ。”って感じた瞬間には飛んでいました。


画像

ってか、インストラクターが飛んだ感じですね。
これ、自分の意思だったら怖くて飛べなかったかも。
もうあっという間の出来事。
何がなんだかわかりません。
ゴーゴーというすごい風の音。
ちょうどフリーフォールが1分ほど続くんですよ。

でも、びっくりしたことに怖いのは最初だけ。
あとはある程度スピードがつくと、もう落ちているのかどうかあんまり感じられません。


画像

こんな大自然で空を感じるのは、スカイダイビングならでは。

画像

雲よりも高いんですよ。
びっくりしたことに、雲を通過するときには雲を感じるんです。
雲を通過する一瞬、空気が冷たく湿気を感じました。
これが雲なんです。


画像

そして、しばらくしたらインストラクターがパラシュートを開き、その後は5分ほどで着地。
着地もスムーズなものでした。


もう”最高!!!”。


地に足が着いたら、ふっと腰が抜けそうでした。
でも、お金があったらあと2回くらいジャンプしたかった。
それくらい、快感な体験です。

インストラクターの人たちは毎日大体5回くらい飛ぶんですって。
うらやましい〜〜。


これはぜひお勧めです。

今回利用した会社は、Skydiving Hawaii hawaii skydive Pacific skydiving center

http://pacific-skydiving.com/

たまたまウェブサイトを発見。
ウェブ上からの予約で値段も安く、そしてどこよりも高い場所からのジャンプを約束しているところに惹かれました。
でも、おかげですばらしい体験ができたんです。

ハワイでバケーションするなら、ぜひ体験してみてください。
きっとどこよりも、美しいジャンプができるんではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


妹の結婚式(第2日目)

2010/07/20 16:42
さて今回のハワイ旅行ですが、実は家族イベントがありまして・・・。

そうです、前日に初めて顔を合わせた妹夫婦。
1年前に入籍は済ませていたものの、式としては何もしていない常態。
そこで、今回ハネムーンをかねてハワイで厳かな挙式を上げるという流れになりました。

で、こんな機会じゃないとハワイにいけないということと、
こんな機会じゃないと、当分妹夫婦とキャサリン夫婦が顔を合わせることはないということになり、急遽参加決定。
それ以外には誰も参加しないことのようですね。


画像

朝からいい天気です。
同じホテルなので、都合がつきやすい。
ホテル内、ロビーあたりで妹夫婦の写真撮影を見守ります。
そして、リムジンで教会へ移動。
リハーサルの後、淡々と式が進みます。



画像

こんなにあっという間だったっけ?
ついつい自分の時の結婚式を思い出しました。
長い長いバージンロード、リードしてくれる父親がコチコチに緊張していたのを思い出しました。
ダーリンは、コンタクトで目がしばしばし、かかとの高い靴を履かされ、倒れるかと思っていたとか・・・。
私はというと、朝からウェディングドレスを着るため朝食抜きで、おなかぺこぺこ、のどはからからだったですね。
ベール越しで、ハワイまで来てくれた友達としゃべりたくてしゃべりたくて、それを我慢していたことも思い出しました。

ハワイの教会での挙式のいいところは、両サイドのドアというドアが開かれ、涼しい風が吹き抜ける為、すごく自然な感じがするんです。


画像

挙式の後は、教会の裏でしばし写真撮影。
カメラマンが妹夫婦の写真撮影をしている間、キャサリン夫婦も自分たちの写真撮影(なんでやねん)。
しかし、無事終了いたしました。

めでたし、めでたし。
いつまでも、お幸せに。






さて、午後は自由行動。
妹夫婦も着替えを済ませ、結局4人でランチに繰り出すことにしました。


今回、初のレストラン。
”オノ・ハワイアン・レストラン”
画像

オノとは、ハワイ語でおいしいという意味があるとか。
つまり、”おいしいハワイアンレストラン”なんですね。
それは、楽しみ・・・。
こんなになんてことのない入り口、ちょっと大丈夫なのかと不安になるほど。



画像

これが、レストランの中。
壁一面に、有名人のサイン入り写真が飾られています。
ガイドブックを持っている観光客もいますが、地元の人たちもいました。
ハワイの地元料理で有名です。
お店の方も、英語・日本語両方で説明してくれます。


画像

なんだか忘れましたが、セット料理を注文。
タロイモの葉で巻かれ料理されたチキン、地面の中で料理をされる豚、サーモンとトマトのマヒマヒ、タロイモをすりおろしたポキ(すべての料理をつけて食べます)、ビーフジャーキ、ココナツ寒天。


画像

これが、タロイモの葉の中のチキン。 葉も一緒に食べられるんですね。
おいしい。



画像

それから、スパムも注文。
このスパム、缶詰に入って売られているお肉。
お金がなくてお肉を食べられない人が、この安いスパムを食べていたとか。
つまりいろんな部分の肉で作られている加工肉なんですが、ハワイではとても有名。
このスパムを照り焼きソースで調理してお結びの上にのせいている、スパムおむすびというのもありますね。



なかなか食べてみるとおいしいものばかりでした。
ポキは、タロイモをすって醗酵しているようなもの。
なのでちょっと酸味があり、好き嫌いが分かれるようでしたが、私はいけました。
お肉も、これをつけるとなかなかマイルドになるような・・・・。
ハワイに行くなら、ぜひここでの食事は体験するべきですね。
ローカル料理です。






おなかもいっぱいになった後は、今回初のビーチです。
地元の人から話を聞いてみると、ワイキキビーチは観光客がたくさんいますが、もうすこしキャピオラニ公園の方角へ進んでいくあたりにある、クヒオビーチは地元の人たちがたくさんいるビーチとか。
そして、あんまり込んでいないとか。

画像

さあ、ビーチが見えてきましたよ。
んんんん〜〜〜、この青い空、青い海、そしてパームツリー、確かにハワイです。
もう、ビーチにつくころには小走りになっていましたから・・・・。



画像

確かに、人も少なくていい感じ。
もうビーチに横になり、ダーリンとともに日なた干し。
厚くなったら海に飛び込む。
幸せよ〜〜。
このためにハワイに来たのです!!!
ただこのあたりは、海に入るとすぐにごつごつした岩やら珊瑚になってて、下手すると足を切りそうになります。


その後しばらくしてワイキキビーチのほうへ移動。

画像

やはり人は多いですが、海の中はこっちのほうが砂場でいいかも。
その上、ここからだとダイヤモンドヘッドも眺められます。
安全性でいうと、地元の人たちが多いビーチよりも観光客ばかりのこっちのビーチのほうが安全なのかも。
どうしても2人でビーチに来ていると、2人で泳いでしまうと自分たちの荷物が気になりますから・・・。
残念ながらこのビーチ写真も、デジカメで撮影。
Nikonは怖くてもってこれませんでした・・・。




夕方になると、さすがに風が涼しくなり、水に入るのが寒く感じられます。
ここでビーチタイム終了。
ホテルに戻りシャワーを浴び、次は夜の街へ繰り出します。



画像

場所によるとこうやってハワイの音楽やら、フラダンスが無料で見られます。
よく見てみると、フラダンスもしなやか・・・。




かれこれおなかもすいてきたので、今日の夕食。
こっちで有名なバーガー屋さん”チーズバーガー・イン・パラダイス”です。

画像

かなりの込みようです。
キャサリン夫婦も20分くらい待ったでしょうか・・・・。
ようやく席に通されます。
ここハワイは、どうやらバーガー天国。
いろんなお店のいろんなバーガーが有名ですね。 ここもそのひとつ。
ガイドブックにも掲載されています。

画像

ガカモレ・チーズ・バーガーとダーリンのはなんだったのかバーガーです。
そしてフレンチフライ。
そりゃそりゃ、すごいボリュームです。
アメリカの料理はボリュームがすごいので要注意。
食べれそうで食べれませんから・・・。

たくさんのお客さんが出たり入ったりしているのをみていると、ここのレストランは1日中忙しいんだな・・・と。
ウェイトレスさんたち、大変そうでした。




おなかがいっぱいになり、夜は散歩がてらおみやげ物屋さんをぶらぶら。

2日目にしてたくさんのイベント盛りだくさんでした。
しかし、翌日は早朝から予定があるため、早くに就寝(とはいっても夜中でしたが・・・)。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハワイ出発(第一日目)

2010/07/19 15:39
6月30日 ハワイへ出発。

なんと、キャサリン夫婦の旅程は大変なものでした。
1ヶ月前にようやく予約したときには、直行便なんてものは検索できませんでした。
ということで、バンクーバー→サンフランシスコ→ホノルルの乗り継ぎ便。
その中でも8日間という短い時間を有意義に利用できる便・・・ということで、朝6時にバンクーバー出発です。

この一週間というもの、この旅行のために働きに働きました。
次の週末のウェディングケーキ注文4つ分も、片付けましたから・・・・。
前日も夜8時ころまで働き、家に帰ってから最終荷物のチェック。
3時間ほどの仮眠を取った後、明け方4時過ぎにはタクシーで空港へ向かいます。


今回使用するのはユナイテッド航空。
今時の旅行とは、何かとお金がかかる上にサービスなんて何もないですね。
空港にて、手荷物を預けると荷物1つにつき$25(2500円くらい)とられます。
夫婦で荷物2つ、つまり出発前から$50が消えていきました・・・・。

その上、乗り継ぎ便を含め今時機内での食事なんて出ないものなんですか?
$9での購入で食事ができるのみ。
ラッキーなことに、私はおにぎり4つと卵焼き、ソーセージを準備していたのでハワイに到着するまで空腹に悩まされることはありませんでしたけど。




画像

3度目、3年ぶりのハワイということで、早朝からアドレナリンでまくりです。
出発前のバンクーバーはずっと、寒くて雨が多くて、この天気から開放されると思うだけでうきうきです。



画像

ダーリンも疲れています。
ダーリンにとって2回目のハワイ、とにかくビーチでのんびりしたいのが希望とのこと。
その希望、かなえて差し上げます!!


この時間、空港は閑散としていましたが、飛行機の中はほぼ満席。
バンクーバー→サンフランシスコ間は飛行機が小さくて問題ありませんでしたが、サンフランシスコ→ホノルル間は飛行機が大きい上に、ほぼ満席で窮屈でした。 その上5時間半ほどのフライトですし・・・。
子供が後ろから席を蹴ってきたり、どっからか赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたり・・・。
サマーバケーションで、家族旅行が増える時期なので仕方ないんですけどね。



画像

窓からの眺め。
どのあたりでしょうか、雪をかぶった山々、そしてこのどこまでも青いそら。
旅に出たと思える瞬間です。




さて、私はサンフランシスコは好きなんです。
今回は国内線での利用なんで何もいいことありませんが、国際線利用の場合はDFSに”コーチ”が入っていたりしてお得な気がするんです。


でも、飛行機からの眺めがいいんです。


画像

サンフランシスコに近づき、ちょうど飛行機が着陸態勢に入って高度を落とし始めると、少しずつ町が見えてきます。
そして、この眺め。
この長い長い橋はどこなんでしょうね?
何もない海の上に果てしなく伸びるこの橋、これが道路になっていて車が通っているんですよ。
最初は点のような車も、高度が落ちていくに連れてちゃんと見えてきます。
この眺めが見たくて、サンフランシスコ乗り継ぎが好きなんです。



さて、2時間半ほどでサンフランシスコ空港に到着。
まだまだ、眠いです。
ここで、不思議な光景を発見。

画像

警察の人たちがちょうど井戸端会議をしていました。
ってか、この人たちが乗っている乗り物・・・。
映画でコメディアンが乗っているのはよく見ますが、本当にこんな二輪車でパトロール中なんですね。
一緒に写真をとっている人たちもいたので、私だけ珍しく思ったわけではないんでしょう。
この後、3人はこの乗り物で去ってきました。



さてさて、サンフランシスコから飛行機に乗り継ぐこと5時間半。
ようやくハワイ到着。
また戻ってこれました。
暖かい。
そしてこの天気のよさ。


画像

これがプルメリアです。
なんともいい香りがするんです。
レイ(首から提げる花の輪)にもよく使われています。
本当に甘くていいにおい。


画像

これはなんという花なんでしょうか?
藤のような花なんだけど、高い木の上に咲いています。



画像

空の青さが違いますね。
太陽の光の強さの違いなのか、湿度の違いなのかこの空の青が好きです。


さて、正午にホテルに到着しましたが、チェックインの準備ができていないとのこと。
そこで着替えだけして、すべて荷物をホテルに預けてまずはショッピング。

向かった先は”アラモアナショッピングセンター”。
ここはすべての一流ブランドからそれ以外のブランドから、そして大型フードコートまで何でもそろっているショッピングセンターです。
夏のセールシーズンともあって、どのお店も値下げ中。
でもどうでしょう、あんまりこれというものはなかったのかな。
日本人もわんさかいました。

散々ウィンドウショッピングをした後、夜ホテルに戻りチェックイン。
今回滞在するのは”シェラトン・プリンセス・カイウラニ”。
前回、ハネムーンホテルでということで”モアナ・サーフ・ライダー”に滞在しましたが、高級すぎて無理。
だって一泊、$650(7万円弱)していましたから・・・。

で、その向かいにあるホテルにしたわけです。
値段もそこそこかな。
そして、ここには私の妹とだんな様も滞在することになっているんです。
妹が先にホテルを決め、そこにあわせて私たち夫婦がホテルを決めました。



夜、4人でホテルのロビーで落ち合い、夕食に。
何も写真を撮っていませんでした・・・。
妹と会ったのは、3年ぶり。
3年前、私たちの結婚式をこのハワイで挙げたとき以来。
そして、今回妹のだんな様にお会いするのは初めてでした。
どんな人なのか・・・私たち夫婦のこと気に入ってもらえるのか・・・わくわくしていましたから。


でもね、とってものんびりした人で、バランスの取れた2人でした。
姉として安心です。
食事とともに、いろんな話をして夜が更けていきました。


あまりの時差ぼけに、これ以上何もできない1日目でした。
日中も、レッドブル(カフェイン入りのエネルギードリンク)飲みながらの一日でしたから。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ダーリンは外人さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる